« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

イヌが教えるお金持ちになるための知恵

皆様、こんばんは!

今日は通勤中、この本を久々に読み返しました。

イヌが教えるお金持ちになるための知恵
ボード・シェーファー著 草思社刊

Photo

これも絶版になってるんですが、なぜこんないい本が絶版になるのか、ものすごく不思議です。
「バビロンの大富豪」もすごくいい本なのに絶版になっていて、いまや3倍から4倍の値段で古本が売り買いされているというのも理解に苦しみますが、本当に日本は本を読む人が減ったんでしょうね。

本は人の人生を豊かにします。本のおかげで人生が変わるきっかけを得る人も多いはずなんですけど・・・

閑話休題。この本について。

オリジナルはドイツ語で書かれた本で、私は日本語でしか読んだ事はありませんが、原題のタイトルは『MONEY oder das 1×1 des Geldes』(マネーという名の犬)という、もともとは子供向けに書かれた本です。が、だからといって侮るなかれ!

何年か前に買ったのですが、もう一度読みたくなったのに、どこを探しても見つからない。
と思っていたら、先日ふと入った古本屋さんで100円で売られていました。即買いです(笑)

久々に読んだら、もう線を引きたくなるところがたくさん。
amazon.co.jpのマーケットプレイスで中古本がたくさん100円で売られていましたよ。
か・な・り!お勧めです。とくにお子さんがいる家庭はご家族で読まれるといいと思います。

プレミアが着いてしまう前に私もあと2・3冊買っておこうかと思うほどです(笑)

いろいろ「へぇ~」なところはあるんですが、いまぱらぱらめくってみて目に留まった部分を少し抜粋します。

主人公の女の子キーラが怪我をした犬を助けるところからお話は始まるんですが、犬の助けで彼女は様々な人と出会い、お金について学んでいきます。

そこで金のガチョウの話がでてくるんですが、金のガチョウの話をご存知でない方、
これは、飼っていたガチョウがある日から金の卵を産むようになり、大喜びだった農夫はだんだんもどかしくなっていき、最後には金の卵を取り出そうとガチョウを殺してしまい、それ以後金の卵は手に入らなくなってしまった、という寓話です。
この話を受けて、会話は続きます。

<116~118ページより抜粋>
「今から貯金しはじめても、カリフォルニアに行けるまでにはずいぶん長くかかってしまうわ」
「そこが君の考えなくちゃいけないところだ。お金が入ったらすぐ使ってしまうという手もあるよ。30万円たまったらカリフォルニアに行ってしまうという生き方だ。でも、そうすると君は小さなガチョウを一羽殺してしまうことになる。もう一つは、お金の一部を貯金するやり方だ。そうすればしばらくすると利息だけで毎年カリフォルニアに行けるようになる」

わかりやすくて、きちんと順序だてて話は進んでいきます。「リッチ・ウーマン」が女性向けのお金の入門書なら、これは子供から大人まで幅広く使える、ベーシックかも。

もちろんどこかで読んだような知恵もたくさん出てきます。サクセスダイアリーとか、目標を明確に紙に書くとか。
おそらく本当にやらなければいけないことなんでしょう。紙に書く、成功した事を集めて記録しておく、ということは。

それに、始めは親から受け継いでいたお金に対する悪いイメージをすこしずつとり払っていき、最後には親の『借金地獄』から救いだすところもすごく胸のすくような気分です。

「バビロンの大富豪」(The Richest Man In Babylon)が高値過ぎて手が出ない方にもお勧めです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

22222を無事通過しました(^^)

みなさま、こんばんは~~~(^^)

いま帰宅して、覗いて見たら、22300でした、ということは、すでに22222番を踏んだ方がいらっしゃるということで、おめでとう!ありがとう!(自分で言うな・笑)

NZ時代の愛車のメーターのゾロ目を思い出しました。
(ちなみにこれは一ケタ多い222222kmです)

Odometer

22222を踏んでくださった方、ありがとうございます!

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。(愛のビーム!)←いやだと言ってももれなくついてきます。

そして、いつも来てくださるあなた!

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。(←いやだと言っても・・・以下略・笑)

どなたが22222番を踏んでくださったんでしょうか?ロム専門の方でしょうか?

次は30000番ですね!もし覚えていたらまたここでお伝えしたいと思います。

ブログをお引越ししてから見に来てくださる方は減ってしまったのですが、それでもあんまり更新していないこのブログに来てくださる方がいるのには、感謝、感謝です。

そんなあなたのおかげでこのブログは続いてます。これホントですョ。

お礼にニンダガの放浪の様子をお送りします。

24sep07nyndaga

もう一枚おまけに、ずいぶん前に撮った木彫りのクマ・イリヤも

Ilyapicking

| | コメント (6) | トラックバック (0)

もうすぐゾロ目です

みなさま、こんばんは~~(^^)

ブログをお引越ししてから、もうすぐ22222のゾロメになろうとしています。
前回(11111)の時は見逃してしまったので、今回は事前に告知を・・・

もし22222番目にこのブログを訪れてくださった方、コピー&ペーストしてメールでkote2000(あっとまーく)hotmail.comまでご連絡をお待ちしています(^^)

「なにかくれるの?」というお声が聞こえてきそうですが、特に考えていません・・・ダメ?

あっいつもより多目の愛のビームなんてどうですか?否応ナシに(笑)

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。°☆。.::・'°★。.::・'°☆。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Think and Grow Rich by Napoleon Hill

先日は「聖なる予言」の話をしましたが、今回はその後に読んだ本たちを・・・

Think And Grow Rich> ナポレオン・ヒル著

Thinkandgrowrich

邦題は

1.成功哲学~やる気と自信が湧いてくる(産能大出版部バージョン:絶版)
  柳平彬 監修 田中 忍 訳

2.思考は現実化する (きこ書房バージョン)
  田中孝顕訳

「聖なる予言」が私に精神世界なる存在を垣間見せてくれた本であるのに対し、この本は私に思考次第で人生は結構大きく変わってしまうということを教えてくれた本でした。
私が初めに読んだ本は(1)の方でしたが、この本をあのとき読んでいなかったら、私はまちがいなく違う人生を歩んでいました。おそらく挫折して、自信のない人生のままだったでしょう。

この本を読んだ次の日、だめもとで興味があった会社に電話する気になって、電話したのがきっかけで転職することになったのでした。

この本を読むことになったのは、そのとき居候していた日本人夫婦のおかげだったんですが、あのお二人にこの本を紹介してもらったおかげで今の私があります。
一生忘れられないご恩です。

で、どっぷりこっち系の本に、このご夫婦以上にハマっていくことになるわけです(笑)

個人的に好きなのは、産能大バージョンです。
きこ書房バージョンもプログラムの宣伝さえもう少し控えめで、あと「能力」が「脳力」じゃなくて「能力」だったらもっと好きなんですけどね・・・(←正直)

いま思えば、これも成功の影に噴出してくるさまざまな予想外の展開には対応していないことがわかります。
事実、ナポレオン・ヒルはこの本で一躍脚光を浴びたものの、その後すんでのところでW・クレメント・ストーンに手をさしのべられ、破産を免れたとか何とか・・・
そして、本の中に出てくる人たちも、文中では大成功を収めた人と紹介されておきながら、あとで破産したり、悲しい運命をたどったりする人たちも・・・

(ここらへんはどこかで読んだ記憶があるのだけど、出典を思い出せないので、思い出したらまたここに出典を書きます)

私もこの本にすっかりどっぷりはまったあとでこの事を知り、一体何を信じていいのかわからなくなったときに「成功して不幸になる人々」(ジョン・オニール著 神田昌典&平野誠一訳)を読んでやっと納得した経緯があります(成功したい人・成功し始めた人は必読ですよ!)

これを知らなきゃ成功できないけれど、それだけでゲームは上がりじゃないよと教えてくれているようでした。
奥が深いぜ、人生は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ザ・シークレット正式版

が発売になりますね。

現時点での最新情報を佐野美代子さんがUpしてくださっています。

公式サイトができるんですね~楽しみです!

http://mimi.livedoor.biz/archives/51255493.html

これで皆さん胸を張って堂々と全編日本語で見られるようになりますね~!!!

思えば私が字幕をつけてから一年以上たちました。
その間に本当にいろんな方に見ていただいて、かわいがっていただいた字幕だったので、とても感謝しています。

あの字幕は役目を終えるのかもしれませんし、それは寂しくないかと聞かれたら、それは正直なところ、やっぱりすこし寂しい気持ちはありますね~

初めは注目されるなんて思ってもいなかったのに、されたらされたで次の望みがどんどんでてくるのって、なんなんでしょうね?人間って欲張りですねえ(笑)

とはいえ、私の方向性を見せてくれたDVDですので、やっぱり皆さんと共有できて嬉しいです(^^)

まだまだいろいろやりたい事があるんですよね~~~

ぼちぼち始動しよう~!エンジンかかりそうです!

皆様、いつもありがとうございます。ほんとにそう思ってます。
皆さんにじゃんじゃん幸せな出来事が降り注ぎますように!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

そろそろ・・・

またポッドキャスティングとか、字幕付けとか、再開したいんですが、エイブラハムの動画はあれからどんどん増えて、どれからしようかな~なんて思っています。

みなさんもし「これなんていってるのか知りたい!」って言うのがあったらコメントくださいね(^^)
(ちなみに今回はエイブラハムのチャンネル 限定です。)

とりあえずいまやりたいのは、英語で書かれた本の、日本語のタイトルを整理すること。

読みたい本が日本語でなんていうタイトルででているのか、とか、この翻訳本はこんなタイトルだけど、原題はなんていうんだろうとか、私は結構探すのに苦労します。amazonでも関連付けがなくて、あったらいいのに~と思うんですよね。

まだまだ読みたい本が山ほどあって、とても時間が追いつかない・・・
フォトリーディングって、いいんでしょうかねぇ・・・

思いついた本からご紹介していきます。
(アフィリエイトに参加しています。売り上げの3%くらいならSachiに行ってもいいかなと思う方だけリンクからご購入下さい。そうでない方が見ても噛み付いたりしません・笑)

私が一番最初に読んだスピリチュアルな本が「聖なる予言」でした。

オリジナルは「The Celestine Prophecy」



Celestine は「天青石」 Prophecyは「予言、お告げ」だそうです。

なんか、雰囲気とか言葉の響とか、私的には「うん、なるほど」な感があります。

スピリチュアル本ブームという流れを創った、すごい本です。

この本が出た当時は、本屋さんに行ってもスピリチュアル系の本は隅っこの方にちょこんとある程度だった記憶があります。
それなのにあれほどのベストセラーになったというのは、やはり潜在的に求める人がおおかったんでしょうね。

私がこの本を始めて読んだのは、ワーキングホリデーでNZに最初に滞在した2006年~2007年のことでしたが、読んだ直後に本当に「これがシンクロニシティなのか!」という偶然の一致を体験して、友達と一緒に感動したことがあります。そのあと「そういえば高校のときのあれもそうだったのかも」「小学校のときのあれも?」なんて、後からたくさん出てきたのを憶えています。

まだ読まれていない方、そろそろその時期かもしれませんョ。
(いままでに何度もタイトルを耳にされたことがあるとおもうので・・・)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

おもしろい展開

先日「5月は盛りだくさん」とお話していましたが、
そのお楽しみの一つ、NZからの友人で、とてもお世話になっていた人が関西経由でNZから帰国するので、一緒に大阪の宿で一泊して女同士で語り合おうという予定でいました。
それが昨日。
予定では午後8時30分に到着予定のジェット☆ター便(オーストラリア経由)で帰国すると言うので、お出迎えに行こうと、事前に運行状況をチェックしたら・・・

「欠航」の文字が!

Σ( ̄口 ̄lll)

国際線のフライトが3時間遅れて乗り継ぎができなかった経験はあるけど、欠航になった経験はなかったので、ちょっと慌てました。
そのフライトに乗る筈だった人と連絡のとりようがないので。

エアラインにかけても個人情報の関係でその人がどうなったかなんてもちろん教えてもらえないし、伝言なんて伝えてもらえない。

次の日に振り替えになったり、払い戻しになったりしたということは聞けたので、払い戻しはないな、と踏んだ私はひとまずホテルを一日変更したり、その人が乗る筈だった移動の長距離バスをキャンセルしたり・・・

で、結局どうなったと思います?

カンタス航空に振り替えて、成田空港に行ってしまいました!

まあ、彼女は関東の人だったから、時間の節約もできたし、私は事前にわかったので関西空港でぽつんと待つことにもならなかったから、結局は万事OKだったんですが、そんなことってあるんですねえ。

そういえば私はあまりマイルを貯める事を考えず、その都度安いチケットばかり買ってNZから帰国したりしていたので、いろんな航空会社に乗りましたが、やっぱり日系のエアラインがいちばんサービスがきめこまやかで、感動しました。

いちばん忘れられないのはマレーシア航空で、CAさんに「ちょっと、アンタの隣の寝てる人起こしてよ」とか「ほら、アンタの隣の人にコーヒー渡して」とアゴで使われました。

さすがに、寝てるんだから起こすなよ、と思ったので、起こしたりはしませんでしたが。
JアLとかアNAって、食事の時に寝ている人がいると、「お目覚めになったらお知らせ下さい。お食事をお持ちいたします」とかなんとか書かれたメッセージのシールを前のシートの目の高さのところに貼ってくれるんだそうですね。

日本人ってステキだ・・・

他のキャリアはどうなんだろうという好奇心はあるのだけど、食べ損ねたらいやだというくいしんぼうの私は残念ながらこれからもフライト中の食事は外さないでしょう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衝動買い・・・

みなさま、お元気ですか~~

気がついたら5月も2週目に入るんですね。
ゴールデンウィークはどう過ごされましたか?

私はGW?なにそれ?と言う感じでふつーに仕事をしておりました。
唯一通勤時間に人が少ないと感じたくらい。

GWに実家に里帰りした親友と3年ぶりに会い、彼女の子供たちが大きくなっている事を実感!

あとは、福岡に遊びに行ったくらいかな・・・美味しいものの宝庫ですねえ。九州は。

さて、とうとうお財布を新調しました!O(≧∇≦)O

大きな財布は苦手なので、コンパクトな財布で、お札を入れるところが2つに別れているお財布をずっと探していたのですが、とうとう見つけました!

造りはシンプルな3つ折のがま口財布なのですが、下地がレースづかいなのに、ビニールコートなので汚れもつかなさそう。そして、意図していなかったのですが、うすい黄色に落ち着きました。

あと、先日京都の友人に会いに行ったときに立ち読みして結局買わずじまいだった本、面白くてもう一度読みたかったにもかかわらず、なかなか見つからなかった本を、今日見つけて、買ってしまいました。


Photo

「貯められない女のための こんどこそ!貯める技術」(amazonに飛びます)

衝動買いですが、面白かったです。





書いてある事はよくある節約本で書かれてそうなのに、妙に説得力があって、立ち読みしたときに要点をおさえて家でやってみようと思ってたけど、家に帰った頃には記憶が薄れていて、一部しか思い出せなかったのです。

家に帰って楽しく読ませていただいて、さっそく実践してしまいました。
付箋とか貼っちゃったりして(笑)

著者のアブない綱渡り的生活、わたしもやった事が何度もあります(笑)
妙な親近感を抱いてしまう人は私だけじゃないはず!

そういえば気がついたら個人的金銭出納帳もつけなくなっているので、
ここら辺からまた再開しようと思います。

使うお金を千円札に崩して10日ごとに分けて保存、はナルホドな、と思いました。

さっそくやってみます!


それにしても・・・私、エンゲル係数ならぬ本係数がほんとに高い!

こないだも「非常識な成功法則」買っちゃったし・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »