« ザ・シークレット正式版 | トップページ | もうすぐゾロ目です »

Think and Grow Rich by Napoleon Hill

先日は「聖なる予言」の話をしましたが、今回はその後に読んだ本たちを・・・

Think And Grow Rich> ナポレオン・ヒル著

Thinkandgrowrich

邦題は

1.成功哲学~やる気と自信が湧いてくる(産能大出版部バージョン:絶版)
  柳平彬 監修 田中 忍 訳

2.思考は現実化する (きこ書房バージョン)
  田中孝顕訳

「聖なる予言」が私に精神世界なる存在を垣間見せてくれた本であるのに対し、この本は私に思考次第で人生は結構大きく変わってしまうということを教えてくれた本でした。
私が初めに読んだ本は(1)の方でしたが、この本をあのとき読んでいなかったら、私はまちがいなく違う人生を歩んでいました。おそらく挫折して、自信のない人生のままだったでしょう。

この本を読んだ次の日、だめもとで興味があった会社に電話する気になって、電話したのがきっかけで転職することになったのでした。

この本を読むことになったのは、そのとき居候していた日本人夫婦のおかげだったんですが、あのお二人にこの本を紹介してもらったおかげで今の私があります。
一生忘れられないご恩です。

で、どっぷりこっち系の本に、このご夫婦以上にハマっていくことになるわけです(笑)

個人的に好きなのは、産能大バージョンです。
きこ書房バージョンもプログラムの宣伝さえもう少し控えめで、あと「能力」が「脳力」じゃなくて「能力」だったらもっと好きなんですけどね・・・(←正直)

いま思えば、これも成功の影に噴出してくるさまざまな予想外の展開には対応していないことがわかります。
事実、ナポレオン・ヒルはこの本で一躍脚光を浴びたものの、その後すんでのところでW・クレメント・ストーンに手をさしのべられ、破産を免れたとか何とか・・・
そして、本の中に出てくる人たちも、文中では大成功を収めた人と紹介されておきながら、あとで破産したり、悲しい運命をたどったりする人たちも・・・

(ここらへんはどこかで読んだ記憶があるのだけど、出典を思い出せないので、思い出したらまたここに出典を書きます)

私もこの本にすっかりどっぷりはまったあとでこの事を知り、一体何を信じていいのかわからなくなったときに「成功して不幸になる人々」(ジョン・オニール著 神田昌典&平野誠一訳)を読んでやっと納得した経緯があります(成功したい人・成功し始めた人は必読ですよ!)

これを知らなきゃ成功できないけれど、それだけでゲームは上がりじゃないよと教えてくれているようでした。
奥が深いぜ、人生は。

|

« ザ・シークレット正式版 | トップページ | もうすぐゾロ目です »

本・本・本!」カテゴリの記事

コメント

いいことばかりじゃないんですよね。人生は。
山あり谷あり

落ちてる時に、どう感じれるか、どうしていられるかによってかわってくるのかな~ な~んて。

高く登っちゃうと 落ちる幅も大きくなってくるから、ますます 真価がとわれちゃうんですかね~。 な~んて ちょっと生意気に考えてみました。

投稿: hauma | 2008年5月24日 (土) 08時16分

::haumaさん

ホントそうですよね。
執着しない人のほうが長続きしたり。人生って面白い。
バランスってキーワードだなあと思います。

投稿: Sachi | 2008年5月24日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505188/41281404

この記事へのトラックバック一覧です: Think and Grow Rich by Napoleon Hill:

« ザ・シークレット正式版 | トップページ | もうすぐゾロ目です »