« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

エイブラハム 字幕「Abraham Exlains Who They Are」

みなさま、こんばんは

お待たせしました!You Tubeの動画の字幕です

「Abraham Explains Who They Are」の日本語字幕

あと、こんなのも今回作りました

「Abraham Explains Who They Are」の英語字幕

最後に未完成(Incomplete)といっているのが、私はとても心に残りました。

成長しつづけるという意味では、永遠に完成することはないんですね

「Nobody is perfect」(完璧な人はいない)といいますが、完璧であろうとすることをやめたとき、人はまたひとつ背負った荷を降ろすんでしょう。

いつの時も成長過程。うん、いいですね。

さて、次はランディ・パウシュさんのスピーチをUPする予定です

Upしたらまたこちらでお知らせしますね

エイブラハムは遅々として進みませんでしたが、亀の歩みでもやがては完成するんですね

イタタ(^^;)

コンスタントに増やしていきたいところですが、なかなかね・・・
自分のペースを掴みたいところです。

気がついたらもう明日から9月なんですね。早いなあ~

これからいい季節ですね。やっと暑い夏が終わったというのが、嬉しい今日この頃です。

(バテバテでしたから・・・)



| | コメント (4) | トラックバック (0)

また歌ってきました(^^)&コンサートの再告知

みなさま、こんばんは

私が行ってとても楽しかった歌のワークショップのブライアン先生が、数年越しに温めてきたという日本でのコンサートが8月30日に行なわれます。

26日のハーモニーナイトというワークショップに私も行ってきましたが、室内の熱気とみなさんの楽しそうな感じが伝わってきました。

感動したのは、久々にディジェリドゥ(オーストラリアのアボリジニの楽器)を聴けたこと。
あのなんともいえない独特の響は、一度聴いたら忘れられないと思います。
そして、聴くとオーストラリアのアウトバック(内陸部)を思い出します。

私は一時期住んでいたカナナラ(Kununurra)とエアーズ・ロックを思い出します。

コンサートでも聴けるそうですよ。他にも楽器が色々使われそうです。

M02

この場で再度告知しておきます。

大阪近郊にお住まいの方、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?

2008年8月30日(土)

クレオ大阪西 開館18:30 開演19:00

チケット:前売り3300円 当日3800円 (5人以上のグループだと一枚2800円だそうです)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランディ・パウシュ氏スピーチ

お盆を過ぎてから、ずいぶん過ごしやすくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は遅々として字幕が進まず、困っています(笑)

このブログを読んでくださる方のなかで、英語に堪能な方がいらっしゃるかもしれないので、恥ずかしながらお聞きします。

ランディ・パウシュ カーネギーメロン大学スピーチ

この動画のメッセージに感銘を受けたので、先日大学に訳してもいいか聞いたところ、
「異議はない」という趣旨のお返事をいただいたので、訳してみようと思ったんですが、
「President Cohon asked me to give the charge to the graduates」の、「Charge」がわからなくて、 止まってしまいました・・・

ここに出てくるChargeとは、どういう意味なのでしょうか?

Commancement Speechとどう違うのでしょう?

わかる方がいらっしゃいましたら、教えてください・・・

というわけで、Chiroさん、この疑問がクリアできれば、ご希望に添えられそうですよ(^^)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月30日にコンサートがあるそうです&字幕コンクール

みなさま、こんばんは(^^)

先週のうちにお知らせしようと思いつつ、ちょいと身辺が慌しかったのでなかなかUpできませんでしたが、以前にも「歌ってきた!楽しかった!!!!」とお話したブライアン先生のコンサートが8月30日大阪であるそうです

ワールドフュージョンコンサート

会場:クレオ大阪西
開場:18:30
開演:19:00

前売:\3300
当日:\3900
グループ割引(5人以上):\2800

私は一緒に歌いたい派ですが、きっと皆さんすばらしい歌声になってらっしゃるでしょうね。

私もこれをきっかけに歌いたい熱が再燃してます。

私も行くかも!?

さて、それはそうと・・・

jimaku.in、またアクセスエラーが出ているので、トップページからは入れませんが、

字幕翻訳コンクールに応募してみました(^^)

「幸せの1ページ」字幕翻訳コンクール

字数をあわせるのにかなり苦労しましたが、これがプロの字数なんですね。

戸田奈津子さんの字幕を早くみたいです。
やっぱり彼女の字幕は、すごいですよ。

あらためて思いました、私字幕つけるのが楽しいんだな~~~って。

ワクワクしますもん。
これって、サインだよな~~~と思いながら、映像翻訳の学校とか探してしまいました。
それにしても、学校って高いですね~~~

戸田さん、弟子は取らないんでしょうか(笑)







| | コメント (8) | トラックバック (0)

三波春夫の真実

これって宇宙が何を言おうとしているんだろうなあ~と思った出来事です。
ここで言ってもいいかどうか結構迷いますが。

電話って、人の顔が見えない分、その人となりが良く出るなあと思うんですが、
昨日、なんとも久しぶりに電話で「ばかやろう」といわれました。

びっくりするやら、気持ちが乱れるやらで混乱してしまったんですが、その方、立場が強いから何を言ってもいいと思っているらしく、不快な言葉を何度も連呼されまして、

わたくし、つぃ言ってしまいました。

「お客様。ワタクシはお客様にバカ呼ばわりされても我慢できるお給料はいただいておりません」と・・・

ちょっと反省。
お給料じゃなくて、業務内容には入ってないといえばもっと知的に響いたかも。

これだから海外かぶれはいやよね。
でも後悔するどころか、スッキリしたんですけども。

その後も、きちんと仕事はしましたよ。言葉も乱さず。感情的にもならず。
とは思ったんですが、やっぱりちょっと動揺していたらしく、後で同期の人がバッチフラワーの瓶を渡してくれました。

ありがとう~~(^^)heart04
人の優しさがこういうときは染み渡りますね~

お客様は神様だ、なんて言ったのは誰だ!と思った事があります。
だからお客様が何をしようと正しいのだから、何を言われても我慢すべきだという風潮がとても嫌で、いつも言ってました。「お客様は人間だ!私たちだって人間だ!」と。

今日、家族との食後の団欒で「三波春夫が余計なことをいうから!」という話になり、気になったので先ほどウィキペディアで見てみました。

「金銭的な報酬を与えてくれる観客を神様と持ち上げていると思われがちだが、三波自身は神の面前で歌を披露する存在」
だったんですって。

お客様の前で芸を披露するときは、神様に披露する気持ちで挑まなければならない。
という芸人魂だったんですね。

それが、誤解されて浸透してしまっている、というのです。

こういうのもありました(三波春夫オフィシャルサイト)

たしかに、英語で一般的に訳されるのが「Customer is always right」ですが、これは誤解されたままですよね。

誤解が解けて、三波春夫さんがようやくすこし理解できました。

サービス業やお客様に接する仕事をしている皆さん、私みたいな切り返しは結構リスクがありますからあまりお勧めできませんが、胸を張って、視線を上げて、誇り高くいてくださいね。
皆さんがいるからこそ助かっている人がたくさんいるんですから。

そして、たま~のそういった出来事に揉まれながら、きらきら輝くダイヤモンドになってください。

宇宙はちゃんと見てくれていますよ。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

これぞまさしく納涼(笑)

みなさま、こんばんは(^^)

昨日の夜、大阪・淀川の花火大会に行ってきました。
行かれた方も多いと思いますが、いや、ほんと、一生忘れられない花火大会になりました。

まず、花火を見に行くのも何年ぶりかで、
その花火を見に行く人の多さにびっくりもしました。

友人と会場に着いて、待っている間に雲行きが怪しくなり、
ピカッといや~な感じの稲光がし始め、ゴロゴロとかいう音が響き、
降るか、降るかといってなかなか降らなかったので、
「降らないよきっと!ゴロゴロゆってるだけだって!」と言っていた私。

花火開始直前になって、大粒の雨が降ってきたのですが、
私は何も考えずにその場にいたので、雨が降るとは想定外
友人が持っていた傘に入れてもらい、お互い傘からはみ出た部分が
ずぶぬれになり(Mちゃんごめんよう)
場内アナウンスが中止の可能性を示唆する中、動くに動けずその場にまんじりともせずに
いた私たち。

何にも無い河川敷で、だんだん稲光の頻度が多くなってきて、その割には私たちの周りの人はそれぞれ持ってきた傘やレインコートを使って、でもそこから逃げようにも逃げ場所がないので、やはりそこでまんじりともせず動かない人たち(笑)

そんな中、雨も厳しくなってきた頃にポン、と言う感じで花火が打ちあがったかと思うと、
あっというまに次から次へと花火が上がり始め、雨の降る中、雷がなる中での大興奮の花火でした。

夏の暑い中での雨だったはずが、結構風も冷たく、雨粒は大粒で冷たかったので、
これでかなり寒くなった私たちでした。

そしてずぶぬれのまま花火は終わり、電車にゆられて帰った私たちでした(笑)

納涼。おすそ分けです(^^)濡れた甲斐がありました

Fireworks1

| | コメント (5) | トラックバック (0)

久々に朝の更新

皆さま、おはようございます!
何だか久々な感のある朝の更新です。
暦では昨日立秋を迎えたんですね、早いなあ〜と思いながらこのコメントを書いています。
暦は秋でも、いまセミが一生懸命鳴いてます。日本の夏はこの温度と湿度とセミの鳴き声の3点セットというイメージですね。
あっ花火とかき氷って言うのもアリですね!(^-^)
さて、今日は最近感動した友達の言葉を…

彼女はNZの先住民族マオリの血を引く年齢不詳の女性で(私の周りには年齢不詳が多いかも・笑)、彼女が私の働いていた会社で3カ月だけ働いたときに出会いました。
2004年の始めの頃です。
私が彼女を知る限り、グチをこぼしたことは一度も無くて、難しいお客さんでさえ彼女が話すとニコニコして帰って行く。笑顔でいようと努めていれば少しなりとも伝わってしまうものですが、彼女には気持ちいいほど不自然なところがない。
本当にこんな人が存在したんだと感動したのを覚えています。

そんな彼女の言葉です。
「ダーリン、友情の素晴らしいところは、どんなに長いブランクが空いたとしても、再会したとたんに前回の続きから始められるってことね」

皆さんにも思い当たりませんか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

やっと字幕再開

みなさま、こんばんは~

使っているソフトがFLVファイルに対応していなかったのもあり、
なかなかエイブラハムの字幕に取り掛かれませんでしたが、友人の助けもあって、
なんとかいま最終チェックまちです
(私が耳で文字を起こした原文をネイティブの友人がチェック→ABEの人が最終チェック)

プロとかどうとかいう以前の遅さですが。

あと、ランディ・パウシュさんのカーネギー・メロン大学でのスピーチも字幕をつけられたらと思っているのですが、まずエイブラハムを仕上げてから考えます。

そして、とうとう重い腰を上げてあの英語のテスト、TOEICを受けることにしました。
4年前のIELTSの点数はあまり役に立たないようなので(^^;)

ちなみに、前回のTOEICは第一回ワーホリ後の1997年。
350点でした

そんな恥ずかしい点数をバラすな、という気もしますが、
それで勇気が出る人もいるかもしれません。がんばりましょう!(^^)

なんだかんだ言って忙しさが続きそうですcoldsweats01




| | コメント (3) | トラックバック (0)

カウンター33333は世界のナベアツ・・・じゃなかったけど

無事33333のゾロ目を通過しました!

ゾロ目獲得のヒヨコさん、おめでとうございます&来てくださってありがとうございます(^^)

今回ゾロ目じゃなかったけど来てくださったみなさんも、いつもありがとうございます!

忘れた頃に更新するブログですが、忘れないで来てくださることにいつも感謝しています。

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »