« 8月30日にコンサートがあるそうです&字幕コンクール | トップページ | また歌ってきました(^^)&コンサートの再告知 »

ランディ・パウシュ氏スピーチ

お盆を過ぎてから、ずいぶん過ごしやすくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は遅々として字幕が進まず、困っています(笑)

このブログを読んでくださる方のなかで、英語に堪能な方がいらっしゃるかもしれないので、恥ずかしながらお聞きします。

ランディ・パウシュ カーネギーメロン大学スピーチ

この動画のメッセージに感銘を受けたので、先日大学に訳してもいいか聞いたところ、
「異議はない」という趣旨のお返事をいただいたので、訳してみようと思ったんですが、
「President Cohon asked me to give the charge to the graduates」の、「Charge」がわからなくて、 止まってしまいました・・・

ここに出てくるChargeとは、どういう意味なのでしょうか?

Commancement Speechとどう違うのでしょう?

わかる方がいらっしゃいましたら、教えてください・・・

というわけで、Chiroさん、この疑問がクリアできれば、ご希望に添えられそうですよ(^^)


|

« 8月30日にコンサートがあるそうです&字幕コンクール | トップページ | また歌ってきました(^^)&コンサートの再告知 »

字幕」カテゴリの記事

コメント

Sachiさん。翻訳の件、早速米国に住む友人に相談してみました。彼女からの返事は以下のとおりです。翻訳の際のご参考になれば幸いです。
今回の友人とのやりとりで、私もSachiさんや友人のように英語を自由に話してみたい!と強く思うように。ありがとうございます。

「(メールの抜粋)Give the charge to the graduatesってcall uponと同義で、卒業生たちに人生CHALLGEするようにINSPIREする、命ずる、というようなニュアンスがあると思います。
日本語でどう上手く表現したらいいでしょうね。
Commancement speechは卒業スピーチだから、
卒業スピーチで卒業生たちにこれからの人生に挑むよう渇を入れるみたいなイメージでしょうかね」

投稿: chiro | 2008年8月28日 (木) 10時07分

::chiroさん

お友達に聞いてくださってありがとうございました(^^)

参考にさせていただきます。
どんな日本語になるかはお楽しみに~happy01

投稿: Sachi | 2008年8月29日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505188/42286629

この記事へのトラックバック一覧です: ランディ・パウシュ氏スピーチ:

« 8月30日にコンサートがあるそうです&字幕コンクール | トップページ | また歌ってきました(^^)&コンサートの再告知 »