« 叔母の家に行ってきました その2 | トップページ | Sachiの金のガチョウ計画 »

ハマッた本:資産編

みなさま、こんばんは(^^)

久々の更新ですが、最近読んだ本ですごく面白かった本のご紹介です。

お金についてお話しするのも好きなんですが、「で、具体的にどうすればいいの?」という疑問が拭えずにいました。

「これならできる、と言うか、やってみたい!」と思った本です。

「臆病者のための株入門」
by 橘 玲
文藝春秋社 刊

今まで「で、具体的にどうすればいいの?」という疑問の答えを探して、結構な金額を新本、中古本に費やしました。

読んでも読んでも他を探してしまっていた私ですが、ようやく「あ、もうこれ以上探さなくても私はこの方法で行こう」と思える本に出会えました。

で、どんな本よ?と疑問に思われる方も多いと思いますが、タイトルどおり、臆病者でもついやってみたくなる投資の本です。

この方の文章がすごく面白くて、痛快で、この本の前に4冊くらい購入して読んだんですが、これが一番良かったです。

本はいろいろな「そうだったのか!」というア・ハ現象満載の本ですが、そのなかで「ああ、これがこの本のテーマなのかな」と思ったのが

「サンダルをつっかけて証券会社に行き、『すみません、インデックスファンド10万円分ください』と言うことなのである」

と言う部分でした。

興味のある方で、一体のどの本がいいのか迷っておられる方、おススメですヨ

「買うほどではないけども」とおっしゃる方も、図書館などで探してみてくださいね

ちなみに、この本の著者の勧めるインデックスファンドは、ETFというものです。

インデックスファンドも色々あるようですが、インデックス型ではない「投資信託」は手数料が高い割に運用成績が良くないものが多いので、結局目減りする傾向にあるので気をつけたほうがいいとこのとです。
ETFの説明についてはネットで検索すればわかると思いますが、つまり株式市場全体を反映する投資信託で、手数料も通常の投資信託に比べればはるかに安いというものです。

で、私の『金のガチョウを育てる計画』が固まりました。

な~んだ、その程度か。
と思われるのを覚悟でその計画をばらしちゃおうと思います。

でもせっかくなので、ひっぱります(笑)

続きはまた明日(*^m^)

ご参考までに、私が読んだ本をご紹介しておきます

マンガ ウォーレン・バフェット by森生 文乃

ピーター・リンチの「株で勝つ」 by ピーター・リンチ&ジョン・ロスチャイルド

ピーター・リンチの「株の教科書」 by ピーター・リンチ&ジョン・ロスチャイルド

サブプライム後の新資産運用 by 中原 圭介

黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術 by 橘 玲

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」 by 橘 玲

「黄金の羽根」を手に入れる 自由と奴隷の人生設計 by 橘 玲

現役プライベート・バンカーの 5年後にお金持ちになる資産運用 by前田 和彦

|

« 叔母の家に行ってきました その2 | トップページ | Sachiの金のガチョウ計画 »

本・本・本!」カテゴリの記事

コメント

読んでも読んでも他を探してしまっていた私ですが、ようやく「あ、もうこれ以上探さなくても私はこの方法で行こう」と思える本に出会えました。


なんだか すごく 素敵な言葉ですね。
 
森が開けて、綺麗な景色がみえたようなイメージをしてしまいました。happy01

投稿: hauma | 2008年9月19日 (金) 06時10分

::haumaさん

わっうれしい!happy02
ありがとうございます(^^)

探していたものが見つかったみたいに、宇宙が「これだよ」と教えてくれた気になったんですよね。

あれ以来投資のノウハウについての本をぴたりと買わなくなりました。

でも結局くりかえして読む本は「イヌが教える~」だったりして(^^)

投稿: Sachi | 2008年9月19日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505188/42501822

この記事へのトラックバック一覧です: ハマッた本:資産編:

« 叔母の家に行ってきました その2 | トップページ | Sachiの金のガチョウ計画 »