« Back to 日常生活 | トップページ | 2010年・初体験その2 »

2010・初体験その1(今日は裏Sachi出してみる・笑)

みなさま、こんにちは~~(^^)

気がついたらもう1月も中旬なんですね、早い!

さて、表題のネタですが・・・

ひさしぶりに頭に血が上ったネタができました!

9日、パオさんと一緒に十日戎にお参りして、先日からやたらポストに入っているマンションのモデルルーム見学に行ってきました。

パオさんは転勤族で、不動産は買うとしても当分先の話だけど、最近やたらチラシがポストに入ってくるし、
素敵なインテリアで勉強になるし、見てみたいなあと思っていました。

そんな中、某チラシに、もれなく1000円分のクオカードプレゼント、という触れ込みにつられ(笑)、せっかくだから買い物のついでに見てみようよ!ということになりました。

ものすご~く気軽に行った私たち、後に待ち受けるものが、予想以上の強敵だったのです・・・

(強敵って・・・笑)

よく考えたら、モデルハウスを見学するの結構、いやかなり好きなんですが、マンションのモデルルームは初めてです。

どうでもいいですが、なぜ主寝室のベッドはシングル2つなんでしょう?夢を膨らませるなら、夫婦のベッドはクィーンサイズのほうが夫婦円満のイメージなんですが・・・

閑話休題。

モデルハウス村みたいなところには何度も行ったことがあるのですが、その時は「勝手に見てってね」という感じでした。その感覚で入ろうとしたら、まず商談部屋みたいな部屋に通され、アンケートの記入をお願いされました

まあそれくらいは想定内だったので、パオさんがしぶしぶ書いて、さあ見に行けるのかと思いきや、なんだか延々と説明され、なかなか部屋を見ることができない。

お話が始まる前に「マンションはいつか買いたいと思っているのですが、見たことがないので冷やかしみたいで申し訳ないんだけど、参考までに見せてください」とは言っておいたのですが、30分たってもまだいっこうにモデルルームまでたどり着けません。

ちょっとしまったと思い、「すみません、時間がかかるものと知らなくて、でもこの後予定があるのであまりゆっくりしていられません」というと、営業さん(この人はとても感じがよかった)が部屋を案内してくださり、私は「きゃ~素敵」を連発して夢を膨らませ、見終わるまでにたっぷり1時間45分。

やっと帰れると思って御礼を言おうとすると、「クオカードプレゼントと、あと資料をご用意しますので」とまた商談室に通されました。ここまでは良かったんです。

待つこと10分。

「おまたせしました~」と入ってきたのは、その営業さんと、上司とやらの二人。

この上司という方が、私の受け付けないタイプの方で、とっても裏表のありそうな、目が笑ってない笑顔・作り声で「で、どうでした?ご覧になって」から始まり、

「すみませんねお急ぎなのに、あと1点だけ」を5回繰り返し、

私も「買いません」を繰り返しました。

上司さん「でも住宅ローンとか、この不況で値段が下がってることを考えても、今が本当に買いどきなんですよ」

私「だからって月10万のローンをそう簡単に組むわけないじゃないですか。しかもそのローンは何年払い続けるんですか?35年ですよ?」

上司さん「頭金200万さえ半年で貯められれば」

半年で200万貯められたら、って、宝地図もびっくりですね!(笑)

私「買いません」

上司さん「正直ある程度まで相談に乗れますよ」

私「ですから買いませんって」

(内心:「買わんゆうてるやろ!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻ウリャ! 」

で、資料ですと渡された紙袋も、要らないと言おうとしたのですが、

「宝地図に使えるインテリアのイメージ写真があるかもしれない」と受け取りました。

下心には、ようやっとクオカードがもらえた、やれやれ、と思っていたら

上司さん「あっいま部下がクオカード取りに行ってますので!」

∑(・д・lll)

(この紙袋、ほんとに資料だけ!?)

ひっぱるな~~~~~~(感心)

「・・・いえ、それはもう結構ですので、失礼します」

ここで時間は7時半。

パオさんが運転席から「めずらしく毒吐いたね~~」と感心するのを聞きながら、ひとりでムキ~っと血圧を上げていた私。

結局駐車場を出るときに「ああ間に合った。クオカードです~~~」と車のウィンドウ越しに渡されて、そんないやな気分になった記念のクオカードなんていらんわい、と思い辞退したものの、何度か「どうぞ」「いえ、結構です」のやり取りの後、結局いただいてしまいました。

でも、帰りの車の中で、上がった血圧を落ち着かせながら
「いい勉強になった。1000円くれるからって行くもんじゃないのね。だって、計算したら、一人時給250円だよ?私たち!」

と時給に換算して憤慨する私。
それをやれやれと聞いているパオさん。ごめんよ。

とてもいい勉強になりました。

2度と行かないか、行きまくって対策を練るか、今後の対応がどうなるかわかりませんが、少なくともこういう展開になるということがわかりました。

教訓

・極力車で行かないか、行ったとしてもコインパーキングなどに停める

私たちは車をマンション敷地内の駐車場に停めさせていただいたので、帰りたくてもシャッターを上げて頂かないと出られないため、しまったと思いました。

(駐車場のゲートをあけるキー等が必要なければいいのかもしれません)

・事前にそこで費やす時間を決める

「30分しか時間がありません」とか「2時間しか時間がありません」などとまず時間を決め、営業さんに告げる。そして時間が来たら必ず「時間がきたから」と言って立ち去る。

・おまけ・特典などは、釣られる価値があるかどうか見極める

1000円クオカードに釣られて行った私の教訓です。割に合わない!(お金に罪はないんですが)

その後のオチ。

家に帰ってもらったクオカードを見てみると・・・

500円分でした。

一人あたまの時給、125円なり(チーン!)

PS.このクオカードは、翌日にコンビニでありがたく使わせていただきました。

|

« Back to 日常生活 | トップページ | 2010年・初体験その2 »

Sachiの私的ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

あうあああ(ノ_-。)

投稿: ゆめか | 2010年1月12日 (火) 20時04分

こんばんは。
とても災難でしたね。
お客さんに「怒り」の感情を抱かせているこの会社の将来はないですね。\(*`∧´)/営業をもっと学習すべきです。ところで私も9日に十日恵比寿に行きましたよ~。人がすごく並んでいてお参りは断念しましたが福引はちゃんと引いてきました!恵比寿様と大黒様が乗った宝船が大当たり~しました。sachiさんはどうでしたか?今年も商売繁盛 家内安全間違いなしです(o^-^o)

投稿: yasu | 2010年1月12日 (火) 21時09分

どわははははははっ!!!!

おっと! 失礼っ☆

じ、時給125円って~(T_T)
ほんまに ちーん♪ やわ~

ま! ええ 勉強になったと思わなあかん♪

そうそう!

10年前の今日12日の今頃は SACHIに会いに
母上とNZに行く飛行機に乗ってたことを
思い出しました♪


10年ひと昔をはいうけれど
あの頃 SACHIが結婚して 旦那さんがいるなんて
想像してなかったなァ

だから あと10年したら ちゃんとマイホームを手に入れてるかも♪

あんまり 血圧上昇させないように冷静に判断しいやァ~♪

投稿: 誕の母 | 2010年1月12日 (火) 21時37分

実は、数年前に新築マンションを3物件下見してます(笑)
2物件はマンション、営業ともに素敵でしたが、
1つだけ最悪なところが。。。
景品がなくても、しつこい営業はいますよ。

勢いに押されて、後先考えずに購入する人がいるんじゃないか?
と思う時があります。
私達は強いから、関係ないですけどね(←オチ)

投稿: しま2 | 2010年1月13日 (水) 01時12分

::ゆめかさん

出しちゃいました、裏Sachi・・・(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

::yasuさん

そうなんですよね~そんな営業の仕方では長くは持たないと思いますが、残念ながらそれで決めてしまう人も(結構)いるからまだ続いてるんでしょうね。

十日戎は、福引もすごい並んでましたよね~~私たちはえびす銭だけ頂いてきました。でも私の中での一番は、屋台で食べた梅ヶ枝餅だったりして(笑)

::誕母ねえさん

ほんと、いい勉強になりました!
でももいっかいリベンジしてみたい気もして(笑)
いやいや、パオさん巻き込んじゃいけないよね。

そうか!誕母ねえさんNZ探訪からもう10年経つのか~~
いやホント、あの10日間は、私の人生の転機です。でなかったら、日本に「負けて」帰ってました。
今となっては全てが必然だったとは思うけど、ほんとに感謝してます!来てくれてありがとう~~!
大好きよ♪heart04

::しま2さん

えええ!3件も!
私たちは1件でひるんでる場合ではないのか!?(笑)
しかも景品がないのにしつこい・・・それは、まさに、いちばんあいたくないケースですね。

でも、あれは下手したら洗脳ですよね。出にくい状態で、同じ事を繰り返す、という・・・
無防備な人なら、サインしてしまうのかな?
そういう人達が見に行ってしまう前に、この体験を読んでくれることを願ってます。

投稿: Sachi | 2010年1月13日 (水) 11時11分

インテリア関係見て夢を膨らませるのは良いが、まずは己を知ったうえで周りを見るのじゃ。

まあ、年齢的に「買うだろう層」に入れられるようになったのは仕方のない事実じゃからのう。

ホホホホ。。。

投稿: ささの木 | 2010年1月13日 (水) 20時51分

::ささの木師匠

そうなんですよね、「すてき~♪」と思わせなければマンションは売れないわけですから、業者さんはそりゃ素敵な内装で惹きつけようとするわけで、それにまんまと引っかかる私(笑)

でも・・・ほんとに、以前は相手にもされなかったのに、「それなりに落ち着いて見える(若くない・笑)カップル」はカモになるようで・・・

次に行くときは一人で、「ぷー太郎です」と言って見せてもらうことにします!


まだ見に行くつもりか

投稿: Sachi | 2010年1月14日 (木) 14時04分

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
ごめん。かなり楽しませてもらったよ!

まああちらも生活かかっているから必死なんでろうね。
でも、そこまでしつこいと口コミで主婦に広がって、お客来なくなるじゃないのかな?

あ、私も展示場巡り大好きで高校生のころ、「勉強のために!」なんてことを言って、制服で見せてもらったことあるよ~( ^ω^ )

投稿: ようこ | 2010年1月19日 (火) 18時18分

::ようこさん

およ!こちらにコメントくださるなんて、おひさしぶり!(^^)おげんこ(死語の世界・笑)?
楽しんでいただけてうれしいです。ようこさんももしマンション見学に行かれるときにはぜひ参考にしてください(笑)

あれからネットで検索してみたら、「しつこい営業をされる会社」で結構有名でした。

事前に知っていたら!!
なんて、後のワッショイ(=祭り)ですけどね。

(あなたのお好きな、死語の世界がんばってみました。v^^)

投稿: Sachi | 2010年1月20日 (水) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505188/47273197

この記事へのトラックバック一覧です: 2010・初体験その1(今日は裏Sachi出してみる・笑):

« Back to 日常生活 | トップページ | 2010年・初体験その2 »