心と体

Zzz・・・

昨日のブログを読んだ方から、「大丈夫?」というメールを頂いてしまいましたが、ご心配おかけしてしまってごめんなさい。
気にかけてくださるのがありがたい今日この頃です。confident(じーん)

私は大丈夫です~~(^^)

たまにへこむこともあるけど、そういうのもひっくるめて、生きているんだな~と実感しています。

ここ一週間ほど、また例の「眠たくなる時期」の波が来ているようで、寝ても寝てもまだまだ寝れそうな自分に驚いています。

不思議なことに、ここ数年は夢を覚えている事がとても少なかったのに、昨日も今日も夢を覚えていました。
めずらしいので、内容を覚えてる範囲で書き留めておきました。夢日記は続かないのでやりませんが、もしかして後でなにか面白い発見があるかもしれないし。

魂のエネルギー充填中という気もするし。

ただ単に疲れてるだけかもしれないし(笑)

では皆様、おやすみなさい(^_^)ノ 良い夢をconfidentsleepy

| | コメント (3) | トラックバック (0)

身体を・心を「休める」って必要だなあ

気がついたら以前は毎日やっていたはずの瞑想の時間をとらなくなっていました。
とらなくなった理由はそれこそ天下の大道をいく言い訳、「時間がない」からです(笑)

はっきりいいましょう。「時間がない」のは、めくるめく言い訳です。(めくるめく、の使い方はまちがっているんでしょうけど、なんかこんな感じなんです)

わかっちゃいるんだけどねえええ
つい言っちゃう。

瞑想しなくなった当初はそんなに変わらないと思ったのですが、最近とみに以前ほど心にゆとりがなくなってきていたことに気付いたので、やっぱりした方がいいんだろうな、という結論に達しました。

なんて書くと「引き寄せの法則を結構会得していそうなSachi」のイメージを抱いてくださっている方には幻想を壊してしまいそうですが、それは大いなる勘違いですので、いまのうちに壊しときます。ホレホレ(笑)

それにしても、いまさらながら思うんですが、忙しい忙しい、という勢いでバタン!キューで寝ると、次の日も結構疲れてる事が多いのに、心を休める時間を5分でも10分でも持ってから寝ると、睡眠のクオリティが違う!!!!

目覚めすっきり、なんだかエネルギーも充填できているみたい。

おそるべし休養!ですよ!ほんとに!

体と心ってすごいなあ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

(今日は長文です)「こわいけど」とにかくやってみよう&繁栄ゲーム (Prosperity Game)第17回

皆様、こんにちは(^^)

春の気がすごく感じられるのでウキウキしている今日この頃です。
(花粉症と黄砂アレルギーの方にはつらい季節ですが)

さてさて、最近始めたお仕事で、避けては通れない事だけど、心の準備ができずにとても憂鬱だったあることを、とうとう昨日実行にうつしました。

こんなに不安だったのは久しぶりですが、思い切ってやってみると、まさに壁を突き抜けた感覚!久々に自分の限界を広げた気になりました。
あのなんともいえない達成感と爽快感は、不安に向き合ってこそ得られるものなんだなあと思います。
「不安」をいかに成長の糧にしていくかを教えて、アメリカでベストセラーを出した博士がいます。スーザン・ジェファーズ(Susan Jeffers)博士なんですが、私が、いつかこの人のような存在になりたいなあと思う、心のメンターなんです。

彼女の一番有名な著書「Feel The Fear and Do It Anyway」(邦題:とにかく、やってみよう!」佐藤綾子訳:大和書房)に何度勇気をもらったか、数え切れません。

080312_125305_2

原著と邦訳はすこ~し雰囲気が異なるのですが、いい本だと思います。(絶版になってますね。古本屋さんで安く手に入るようですが・・・)

以前読んだときに眼からウロコだった一節があるんですが、その部分をちょっと抜粋させていただきます。

「もう一つとても大事な真実をリストに加えたいと思います。あなたはもう考えていたかもしれませんね。『なぜ、わざわざリスクを冒していやな気分を味わう必要があるのか?今まで通りの生き方を続けていってはいけないのか?」と。
私の答えにあなたは驚くかもしれません。

第5の真実

無力感から生まれてくる底深い不安と共に生きるより、
不安の壁を打ち破るほうが、ずっとこわくない

(中略)

私たちは不安から逃れることはできません。ならばそれを、胸が躍るような『冒険の同伴者』に変えるしかないでしょう。不安は、私たちをその場に釘づけにしておくための錨(いかり)ではありません」

(とにかく、やってみよう! スーザン・ジェファーズ著 佐藤 綾子訳 大和書房刊 P50~53)

初出は21年前なんですね。
2004年(だったと思うんですが)にこの方がニュージーランドに来られたことがあり、大喜びで講演を聴きに行きました。1時間半ほどの講演でしたが、最後の質疑応答の時間に50代くらいの男性が手をあげました。

「息子と当時数年間会話がなかった私が、15年前(つまりNZでこの本が出た当時)ふと本屋であなたの本を手にしました。自分の気持ちを表現することを怖れていました。あの時あなたの本を手にとっていなければ、いまこうして息子と仲良く話せるようにはならなかったでしょう。本当に感謝しています」

あのときサインをもらった本を、当時一緒に講演を聞きにいった友達に貸したまま連絡が途絶えてしまった。それがとっても残念です。でもまあ、いつか返ってくるか、またサインをもらいに行こう!(笑)

本の印象そのものの、あったかくてやさしく、それでいて強く、土台がしっかりした人だなあと思いました。

ちなみにこの本、出版社にことごとく断られ、数年間引き出しに眠っていたのだそうです。

(そりゃあ、「ダイアナ妃(当時は離婚前)が裸で自転車に乗りながら配ったって、誰も読んじゃくれないね」なんて返事が返ってきたら、凹みますよね)


とまあ、長くなりましたが、本日も、宇宙からのバーチャル小切手です。


*********************************

宇宙からのバーチャル小切手

\ 1,700,000也 

*********************************

では17万円を「いのちの電話」に。

17万を両親に。
17万を不滅口座に。
後の119万をNZのお家を買う頭金にします!
今日で562万円!
すぐには買わないで、NZの銀行に預けておきます(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)