映画・テレビ

ガールズ・ムービー見てきました。

以前にお話したことのある

「He's Just Not That Into You」
(邦題「恋愛修行」または「そんな彼なら捨てちゃえば」)

が映画になって、公開されました。

原作のあの軽快かつ真実を言い当てるあの痛快感と、それでいて凹むことなく前向きに「次いこ、次!」と思わせてくれるあの本の内容をどう映画で表現するのかな、と思いながら、友人と見に行ってきました。

本の内容を知っていても、楽しめましたよ!

私的には、お金を払って見に行く価値が十二分にありました。

劇中にでてくるジジという女の子が、「私にもそういうこと、ありました」という痛い思い込みを連発するんですが(笑)、一生懸命な彼女がどんどんかわいく思えてくるから不思議です。

「すくなくとも私は愛に対して冷めていない、その点で私はあなたよりは愛に一歩近づいている」という趣旨のことばが、この本や映画のテーマだと思いました。

自分のこころに素直だから傷つきもするし、だからこそ相手に伝わる。

そしてそんなあなたにまた自分の気持ちを見せてくれる人こそふさわしいのであって、そうでない人に時間を割くよりも、次に進んだほうがいいよ。

という気持ちにさせてくれるのは、原作のイメージどおりでした。

オンナのコ同士で楽しみながら見て欲しい映画です。

見ようかどうしようか迷っていたのですが、みなきゃ、と言う気持ちにさせてくれたちかのさん、ありがとうございます!happy01heart04

余談ですが、いまだにタイトルとこの内容に違和感を感じてしまう私・・・

原題の「He's just not that into you」は、「彼は君にそんなには気がないだけ」と言う意味です。「捨てちゃえば」というのはちょっと違うと思うんです・・・

もひとつ余談ですが、前回この本について書いたのが2008年4月、

このとき好きな人がいて、ということを書いていますが、パオさん(夫)のことです。

大変なシャイさんなので、ここでこんなことを書いたら怒られちゃいますけど、書いちゃいましたsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エイブラハムDVDを見せていただきました

みなさま、こんばんは(^^)

縁あって、先日お話したエイブラハムのDVDの見本を拝見することができました。

(アウルズエージェンシーのS野様、本当にありがとうございます!)

発売は22日だそうですが、一足お先に見た感想を・・・

内容が濃い!ので、一気読みができないセスの本と同じで、一度で見終えることが出来ませんでした。

なので何度か中断してしまいましたが・・・

でも、素晴らしい出来だと思いました!

まず、字幕だけじゃなく、吹き替えも入っていること。

そして、この吹き替え、すごくいいなと思ったのは、エイブラハムの(つまりエスターさんの)声が、声優さんの声のバックグラウンドに残っていること。

以前旧バージョンの宇宙ブラボーで、ジャック・キャンフィールド氏のポッドキャストに訳をつけた時に私もこの方法でやりましたが、これだと本人の息づかいが伝わるので、臨場感がぜんぜん違います。

こういうDVDがあまり一般的ではないので、はじめは戸惑うかもしれませんが、私は断然こちらのほうがいいです!このおかげでエイブラハムの波動がより伝わってくると思いました。

そして、ともすればまわりくどいという印象を受けてしまうこともあるエイブラハム(の言葉を表現するエスターさん)の言葉が、英語よりわかりやすくなっていることも、すごく良かったと思います。

内容的にも、「お金」について語りながら、浅く短絡的に、ではなく、「ああ、そうか」という発見(「A-HA」)がたくさん詰まった、とても深くて納得のいくものでした。

ネタばれになっちゃうといけませんが、教師と言う仕事が、未来を育てる、すごい仕事だということを思い出させるところとか、職業が先生だという方にぜひ見ていただきたいと思いました(^^)

多分見るたび新しい発見があると思います。

さっそく予約しました(笑)

おすすめですhappy01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

観たい映画

みなさま、こんばんは(^^)

基本的にこの時間は熟睡中なのですが、なぜかまだ起きています。

最近運動不足解消と体型改善のため、ジムに入会しました。

でも行くと少なくとも2時間(1時間エクササイズ、1時間身支度)を過ごさなければならず、その時間がなかなか捻出できないので、まだ2回しか行ってません。

ええ。忙しいと言うのは言い訳なんですけども。

運動にあまりなじみが無い私ですが、それだけにできるだけ避けて通ろうとしていて、
痛感しました。お腹の筋肉が弱いから体全体が引き締まらないのだと。
その証拠に、お腹のエクササイズが、苦しくてヘロヘロな割りには、トレッドミル(注)で平坦な道を歩くのはへっちゃら、かと思うと傾斜をつけると途端にヘタるんです私。

トレッドミル)←こんなのです(You Tubeの動画なので音が出ます。しかも用途まちがってるし)

さてさて、そんな事はおいといて。

皆さんの中で、シャーリー・マクレーンさんの著書を読まれた方も多いと思いますが、私もその一人です。

彼女の娘さんはSachiさんというんですが、本名Sachikoさんで、私と同じなので、妙に嬉しかった記憶があります。

その彼女、フライトアテンダントを経て、女優さんになっていたんですね。知りませんでした。

映画「西の魔女が死んだ」(フラッシュページは音がでます)の記事を女性誌で見て、がぜん興味をもちました。
お話も私好みのようです。見に行きたい。いつ行こう。

行きたい映画がたくさんあって、にんまりしてしまいます。

インディ・ジョーンズ(音が出ます)もまだ見ていないし、Sex and The Cityはもうすぐ封切りだし。

でも、ひとつだけ、気になるのは、私、たま~に映画館に行くと気分が悪くなるんですよね・・・

いつもじゃないんですが。

だからといって映画館に行かないなんてもったいないので、行ってから考えます(笑)

行かれた方は感想聞かせてください。あっでもネタバレはやめて~~~!

| | コメント (7) | トラックバック (0)